良く耳にする「アンチエイジング」というのは「若返り」の意味で使われている言葉です。

「エイジング」とは「加齢」のことで、「アンチ」は反対することや認めないことを意味した言葉ですので、「アンチエイジング=老化防止」の意味が強く、もっと言うと「若返り」という意味になります。

では、「エイジングケア」はどう違うのでしょうか。それは「エイジングケア」は「加齢をお手入れする」という意味合いで、もっとわかりやすく言うと「年齢に合ったお手入れをしましょう」ということです。ですので、エイジングケアとは「若返り」や「老化防止」の意味ではないことになります。

実際には「アンチエイジング」、「エイジングケア」、どちらもそれほど変わらないように思えます。しかし、薬事法では「エイジングケア」という言葉を使用して宣伝することはOKですが、「アンチエイジング」といううたい文句で売り込むことを禁止しています。

これらは一見同じような意味に思えても、「アンチエイジング」は老化防止や若返りは根拠のない過度な表現に値するためです。そのため、よりやわらかい表現で受け入れやすい印象を与える「エイジングケア」という言葉が主流になっているのです。

[美容クリニックの検索サイト]
» エイジングケアでいつまでも若々しく!東京の美容クリニック探しはAlluxeWebで!